函館・湯の川温泉「ホテル万惣」宿泊記!夕朝食は豪華バイキング

北海道・東北地方

北海道・函館で宿泊先を探し中。
湯の川温泉エリアにある「ホテル万惣」が良さそうだけど、事前にどんな雰囲気か知りたい。
お部屋や温泉、朝食・夕食のバイキングはどんな感じ?いろいろ気になる…
実際に宿泊した人のレビューを読んでから予約したいな。

こういった疑問に答えます。

この記事を書いている私(@simpletrip.biz)は、函館旅行をしたときに、実際に「ホテル万惣」に宿泊してきました。
そんな私が、この記事では、ホテル滞在体験を徹底レビューします!

これからホテル万惣を予約しようと思っている方は、ぜひ、じっくりとご覧ください。


ホテル万惣「カジュアルルームA」宿泊記

北海道函館の湯の川温泉エリアにある「ホテル万惣」。
オリックスホテル&リゾーツが運営するホテルです。コスパよく贅沢な体験ができる素晴らしいホテルでした!

さっそく、「カジュアルルームA」に実際に宿泊してきた様子をレポートしていきます!

私が宿泊したのは、5階の516号室です。

ホテル万惣 客室の雰囲気・景色

客室は、「和」のくつろぎと、「洋」の機能性を兼ね備えた快適なつくりになっています。
このお部屋は、ホテルの客室の中でも、最もコンパクトでリーズナブルなお部屋ですが、心地よく過ごせました。玄関で靴を脱ぐスタイルで、お部屋では気兼ねなく、素足でくつろげます。

広さ 22.6〜24㎡
定員 1〜2名
ベット台数
サイズ
2台
セミダブルベッド(幅1,100mm)
客室の設備
40型液晶テレビ(BS放送有)、空気清浄機、セーフティーボックス
浴衣、湯上がり足袋、消臭剤、湯カゴ
冷蔵庫、ケトル、お茶、クッキー、ミネラルウォーター2本
“湯かご”が備え付けてあるので、温泉に行くときにとても便利でした。いつも手荷物用の袋を持参するのですが、今回は必要ありませんでした!
あと、個人的に”湯上り足袋ソックス”があったのが嬉しかったです!素足でスリッパを履くのに抵抗あるんですよね…。
障子と窓を開ければ、この景色。湯の川エリアの街が見渡せます。

ホテル万惣 客室内お風呂・洗面・アメニティ

バス・トイレは別になっています。

お部屋にはシャワールームのみ。バスタブはありませんが、温泉に行くので問題なし!

備え付けのバスアメニティ
タオル(バス・フェイス)、ブラシ、歯ブラシ、フェイス・ハンドソープ、ボディソープ、シャンプー、リンス、綿棒、コットン、ヘアゴム、ドライヤー

ホテル万惣 湯の川温泉でくつろぐ「湯蔵」

大浴場「湯蔵」は、ホテルの1階にあります。名湯「湯の川温泉」を存分に味わえます。

(夜)15:00〜25:00と(朝)5:00〜9:30で、男女入れ替え制となっているので、どちらの温泉も楽しめます♪

大浴場のつくりは、上の写真のような感じ!男湯と女湯でつくりが異なるので、どちらとも行きたいところです。
湯の川温泉のお湯は、無色透明・無臭でしっとりとした肌触りです。
泉質は、ナトリウム・カルシウム塩化物泉が最も多く含まれていて、冷え性などにも効果があるそうです。

※お風呂の中の写真は一休より引用しました

湯上りにくつろげる「湯蔵ラウンジ」も用意されています。
ゆったりと並べられたソファに腰掛けながら、クールダウンできます。


ホテル万惣で北海道グルメを堪能!夕朝食の豪華バイキング

北海道の新鮮な海の幸、広大な大地で育った獲れたて野菜など、函館グルメをバイキング形式で思う存分に味わえます。

夕食バイキング

職人が目の前で握ってくれる本格的な「お寿司」、函館近海でとれた新鮮な「お刺身」「カニ」
函館を代表する老舗洋食レストラン「五島軒」のカレーや、ハム・ソーセージブランド「カールレイモン」のソーセージ。
北海道に行ったら絶対に食べたいグルメが勢ぞろいでした!

欲張って食べすぎで満腹・・・。

朝食バイキング

いくら・かに・マグロ・サーモンなど好きな海鮮で自分で作れる「勝手丼」。
パン焼き機で焼き上げた自家製パンや、「五島軒のカレーパン」。
朝から北海道の美味しいグルメをいただき、贅沢すぎました…!!


ホテル万惣の館内 ロビーラウンジ・売店・サービス

フロントの横には、おしゃれな「暖炉ラウンジ」があります。
ホテルのシンボルでもある、5m超の暖炉は、「文明開化絵巻」がコンセプトとなっています。モダンとレトロをどちらも感じられる、落ち着いた空間でした。

1階には、売店もあります。函館のお土産など購入できますよ〜

最後に、「これはいいな!」と思ったサービスがありましたので、紹介しますね。
函館観光では欠かせない、函館山の夜景!ホテル万惣のある湯の川温泉エリアからは、少し遠くて行きづらいのです…。

ですが、実はホテル正面に迎えに来てくれる「バスツアー」が用意されているので、これを活用すれば、函館山の夜景も楽しむことができます♪
しかも、出発は19:00台なので、ホテルで夕食を食べた後に出かけられるのも、ありがたいところ…

私が行った際には、新型コロナウイルスの影響でバスが運休していたのですが、とても便利なツアーだと思いました!
ツアー会社公式サイト:北都交通

↑ホテルの目の前にバス停がありました!

ホテル万惣の基本情報【雰囲気・アクセス】


異国文化と和の温かみが調和された中に、現代的なアレンジを加えた「ホテル万惣」。
函館らしい異国情緒溢れるデザインに包まれた、もてなしと寛ぎを感じられるホテルです。モダンとレトロを取り入れた特徴的な外観に、ひときわ目が引かれます。

✔︎サービス
温泉(源泉かけ流し)、露天風呂、大浴場、リラクゼーションルーム、売店
住所 〒042-0932  北海道函館市湯川町1丁目15-3
TEL 0138-57-5061
アクセス情報 ・路面電車停留所「湯の川温泉」より徒歩5分
・函館空港より車で10分
・JR函館駅より車で15分

まとめ

函館・湯の川温泉 ホテル万惣の宿泊記をレポートしました。

せっかくの北海道旅行なら、温泉も楽しみたいですよね。
湯の川温泉は函館の代表的な温泉で、中心街からも路面電車で約30分程度と、便利なロケーションにあります。
レトロでモダンなお部屋でくつろぎ、湯の川温泉も堪能し、北海道グルメも存分に味わえる、「ホテル万惣」に宿泊してみませんか?

ホテル万惣の宿泊料金は、下からチェックできます。ぜひ、確認してみてください。

>>一休.comで予約する

>>じゃらんで予約する

>>楽天トラベルで予約する

>>dトラベルで予約する


タイトルとURLをコピーしました